2007年12月19日

RCI

今日はRCIについてです。

これは、細かいタイミングを見るときに今もよく使用している指標です。
相場の変化の様子を見ることができるとされています。

ある期間をとって、上昇した日数と下落した日数をとって計算する「サイコロジカルライン」、またサイコロジカルラインでは、上昇幅や下落幅が考慮されないため、これを考慮した「RSI」といった指標がありますが、これらの指標では相場の変化・タイミングをはかることができません。

そこで利用されるのが、この「RCI」です。

RCIは、ある期間をとって、株価の終値に上昇順位をつけて、その期間の日数との相関関係を指数化したものです。

指数は、100に近づくと高値圏、0に近づくと安値圏と判断します。

期間は、13週間や26週間のような長期間でみる場合もあれば、9日や26日のような中短期でみる場合もあります。

私自身は5分足・1分足で9・26・52の3本のRCIを表示させて、9(短期線)が100に限りなく近づき、3本が同じ向きを向いた時にエントリーなどというように使用しています。
posted by FX大好き at 22:38| Comment(39) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

三尊天井

今日は三尊天井について書きます。

大きな相場ではしばしば相場が成熟してくると、上昇ピッチが加速され、高値をつけ一旦天井を打ちます。

その後、反落し安値を付けると再び上昇に向かい、先の高値を上回る高値を付けます。

そして再び下落すると再度安値をつけ反転し、再び高値圏に向かおうとするが最高値を奪還できず反落し、その後は相場は下落に向かいます。

これを三尊天井と呼んでいます。

特に高値圏で出現した場合は高い確率で強力な売りシグナルとなります。

通常は中央の山が最も高いことが多いですが、変則形もしばしば見られます。

仏像が脇侍を従えて3体並んでいる様に見えることからこの呼び名がついたようです。

トリプル天井とも呼ばれることがありますが、英語では人間の頭と両肩に見立ててHead and Shoulders(ヘッド・アンド・ショルダーズ)とも呼ばれています。


今日は本当に寒かったです。今年もあとわずか!
悔いの残らないよう日々過ごしていきます!
posted by FX大好き at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

RSI

今日はRSIについてです。

アメリカのテクニカル・アナリストのJ.W.ワイルダーによって開発されたテクニカル指標であり、オシレーター(振幅を測るもの)分析の一種です。

RSIは、過去一定期間の変動幅における上昇分の割合です。

具体的には、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って、100を掛けたもので、0%から100%の範囲で推移します。

一般的に70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎの水準といわれてます。

しかし、RSIは70%以上や30%以下の水準で推移するケースが多く、RSIがその水準に達した場合でも、すぐに逆張りをおこなわず、RSI自体のトレンド転換を見極めることが重要です。

具体的には、RSIが70%を超えた後、再び70%を割り込んだ時が売りシグナル、逆に30%を割り込み、その後再び30%を超えてきたときが買いシグナルというようなルールも考えられます。

私自身あんまりRSIは使っていないのですが、とても有名は指標です。
posted by FX大好き at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

MACD

今日はMACDの解説です。

2本の平滑平均(単純平均と若干異なる)を使用します。
通常、12日と26日の平滑平均を使いその差をMACDと呼びます。

MACDの9日移動平均をシグナルと呼び、MACD(実線)とシグナル(点線)の2本の線の水準、クロスの仕方を読む技法です。

実線が点線にクロスしたときが売買のシグナルです。

また水準も重要で、ゼロ以上とゼロ以下で、買い時と売り時とに大雑把に区別できます。

相場の大きな動きの天底を暗示していますので、細かな動きをキャッチするストキャスティクスなどと併用すれば、有効性が一段と増します。

私も常に活用している指標です。
posted by FX大好き at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

ストキャスティクス

今日はストキャスティクスです。

アメリカのチャート分析家ジョージ・レーンによって考案されたテクニカル指標で、オシレーター(振幅を測るもの)分析の一種です。

ストキャスティクスは、過去9日間における高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化することによって、価格の推移傾向を判断しようとするもので、0%から100%の範囲で推移します。

%Kラインと%Dラインという2本の線(数値)を使用します。
通常%Kラインは実線、%Dラインは破線で表示されます。

%Dラインがより重要であり、主要な相場転換シグナルを発します。
また、%Kラインは%Dラインより敏感な線となっています。

私は、このストキャスティクスは細かいタイミングをはかるのに使用しています。

よく見るのは1分足と5分足のストキャスティクスです。
posted by FX大好き at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

ゴールデンクロスとデッドクロス

今日はいろいろといいことがたくさんありました♪
ノリノリでいきます!

ゴールデンクロスとデッドクロスについて書きます。

長期移動平均線を短期移動平均線が下から上に突き抜けることをゴールデンクロス(GC)と言い、一般的に投資家の間では買いの目安とされています。

逆に、上から下に突き抜けることをデッドクロス(DC)と言い、売りの目安とされています。

尚、長期移動平均線が下降している場合のGC、上昇している場合のDCは一時的な変動である場合が多く、この場合に買い向かったり売り向かったりするのは危険です。

私自身はこのゴールデンクロス・デットクロスは大まかなトレンドを見るための参考にする程度ですが、基本中の基本の指標だと思います。


明日もいい日になりますように^^
posted by FX大好き at 00:33| Comment(0) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

移動平均線

今日は移動平均線についてです。

それ自体は統計分析などで広く使われていましたが、アメリカのJ・E・グランビルさんによって相場分析に利用できる事が広められたそうです。
移動平均線は、過去の一定期間の平均値から求めます。

5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となります。
テクニカル分析の指標としてもっとも基本的なものであり、多くの投資家によって用いられているものです。

一般的にチャートには長期と短期の2種類の移動平均線が表示されます。

長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多く、
短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多いです。

特に長期移動平均線は、トレンド(基調)を暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、今後の変動を予測することが可能であるといわれています。
posted by FX大好き at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

フィボナッチ

今回は「フィボナッチ」です。

13世紀ころのイタリアの数学者フィボナッチが発見した法則だそうです。
例えば木の枝に葉が生えていく過程や、カタツムリの殻の渦の広がり方など、多くの生物の生長パターンが1.618の比率で成長するとのことです。

自然の法則なんでしょうかね〜。

相場も多くの人間によって行われた行動の結果であり、そこから生ずる変動も、自然現象の現れであるとすると、この1.618という比率は何らかの作用があるのかなと勝手に納得しています。

短期売買のトレーダーは、その日の朝、まず前日の高値と安値を調べます。
電卓を片手にこの3つのポイントを計算するために。

皆さんも是非、毎日計算してみてください。
面白いほどあてはまります。

そして最も注意しなくてなならないことは、そのポイントの裏側にはストップロスのオーダーがあることです。

相場は、ストップロスをのみ込んで成長します。
その成長率が1.618となんらかの関係があるかどうか、研究してみてください。

この1.618は本当に不思議です。
なぜなのか全くわかりませんが、本当によく当てはまるんです。
世の中には不思議なことがたくさんあるものですね。
posted by FX大好き at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ボリンジャーバンド

私が今一番お気に入りは「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドは、1980年代前半にジョン・ボリンジャーが考案したテクニカル指標です。

統計学を応用したチャートで、中心線から外側に向かって±1σ(第1標準偏差)、±2σ(第2標準偏差)、±3σ(第3標準偏差)といった具合に線を引き、現在値の位置や方向性で投資判断をします。

「-1σ」〜「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
「-2σ」〜「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
「-3σ」〜「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

上記は結構すごい確率です。

具体的にどんな感じで使うといいますと大きく2パターンあるようです。


@上下バンドに価格が到達した(接近した)地点が売買サイン
・ボリンジャーバンドの上バンドに価格が到達した時に売り
・ボリンジャーバンドの下バンドに価格が到達した時に買い

A上下バンドどちらかを抜けた場合には抜けた方向への勢いが強い
  ということで抜けた方向への順張り
・ボリンジャーバンドの上バンドを価格が上抜けた時に買い
・ボリンジャーバンドの下バンドを価格が下抜けた時に売り

私個人的には@が好きです。

とにかく私のテクニカル分析のひとつの柱になっています。
posted by FX大好き at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

FXとの出会い

私がFXと出会ったのは、約6年前です。

トレードしていない時期もあるのですが、FXとふれあっている期間だけは一般の方よりも多いのかなって思ってます。

FXというのは知れば知るほど面白いものだなあと思います。

世界中のいろんな人間の思惑や感情が飛び交い、毎日24時間とぎれることのないドラマを垣間見てるような錯覚におちいることがたまにあります^^

そんな中でずっと為替相場を見ていると、いろんな法則やクセが働いていることに気付きます。

そんなクセや法則(もちろん100%のものなんてのはありませんが)を体系化したものがテクニカル分析なのかなって勝手に認識しています。


私が好きなテクニカル分析指標なんかを私自身の知識整理の意味もこめてこれから少しづつでも書いていけたらな〜って考えています^^
posted by FX大好き at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。